走り続ける人

北海道大学在学中。浪人経験や自らの人生経験を生かし情報を発信中

高校野球をやってわかった社会の現実

 皆さんは高校野球に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

おそらく

高校球児が全力でプレーしている姿に感動する!

青春って感じがする!

などの良いイメージを持っている人が多いと思います。

 

もちろん私も高校野球はすばらしいものだと思っています。

つらい練習を一緒に乗り越えたり、苦楽をともにした仲間は

今でもかけがえの無い存在です。

 

しかし私は自分の高校の中で野球が下手くそで

気持ちも弱かったので

3年間公式戦で一度もベンチ入りすることができず

それどころか練習試合にもほとんど出させてもらえませんでした。

 

また大会前になるとノック受けることが出来るのは

ベンチ入りのメンバーだけになったため

ノックも受けられませんでした。

 

ノックに入れるときがあってもミスしたら何してんだみたいな感じになったため

非常にしんどかったです。

 

練習試合に出ても

ミスを恐れるあまりミスをしてしまうという悪循環に陥りました。

 

僕の所属していた野球部では

野球が上手いほど、試合に多く出る人ほど

バッティング練習などが多くでき、

下手な人、試合に出ない人は

ほとんどバッティング練習などは出来せんでした。

 

自分は後者だったので

自分が必要とされていない感がすごくあって

 

何かあるたびに自己嫌悪に陥るという負のスパイラルでした。

 

強豪校なればなるほど

僕のような人間はたくさんいます。

野球をするためにその高校に入ったのに

全く試合に出られない人なんてざらにいます。

 

でも僕はその現実を批判したいわけではありません。

むしろ高校時代にそういう屈辱を味わう経験が出来たことは

非常によかったなと今では思っています。

 

高校生ながら自分の無力さを実感し、

社会ってこういうもんなんだなって思いました。

 

実力のある人が上に行って良い思いをして

実力がない人は劣等感を感じなければいけないのかと

 

でもよく考えてみると

人間が生きていく中で選択肢はたくさんあるわけで

自分が不得意な分野で勝負する必要ってないんですよね

 

自分が勝てる分野を見つけて

それをとことん突き詰めて成功すればいいんじゃないかと思いました。

 

また、中学時代までは他者からの評価ばかりを気にして生きてきましたが

高校時代にそんな人生ってつまんないしくだらないなーって思って

他人からどう評価されるかとかはあんまり気にしなくなりました。

 

そういう風に思えるようになったのは間違いなく高校野球をやってたからなので、そういう面では非常によかったと思います。

 

もしあなたが今ある分野、あるスポーツで上手くいかなくても

落ち込む必要などありません。

今の日本には選択肢なんて無限にあるからです。

 

受験に失敗したから社会的に成功できないなんてことも全くありません。

 

勝てる分野、得意な分野は必ずあります。

そこで勝負すればいいだけなんです。