走り続ける人

北海道大学在学中。浪人経験や自らの人生経験を生かし情報を発信中

負荷をかけることが成長の条件!一日15時間勉強する方法

 今回は負荷をかけるということはめちゃめちゃ大事だよって話をしたいと思います。

 

 

f:id:sadaigo22:20180915122416j:plain

 

例えば、あなたはポテトチップスが大好き。毎日ポテトチップスを数袋食べていて体重が増えてきたとしましょう。医者からもポテチはなるべく控えるようにと言われました。

 

ここであなたはポテチを食べるのをやめる決断をしたとします。

ポテチを禁止するのに有効なのは次のAとBどちらだと思いますか?

 

A、最初からポテチを食べなくするのはつらいので食べる間隔を一日、二日、三日と徐々に空けていきだんだんとポテチを食べないことに慣れる。

 

B、家にあるポテチを全部捨て、もう食べないと決めそれを実行する

 

答えはBです。

一度食べてしまうとなかなか自分の欲求を止めることは難しいのです。

ずっと食べないと最初はつらいですが、そのうち何ともなくなってきます。

お酒やたばこに関してもそうです。

徐々にやめようとすると自分に甘えてしまうことが多いんです。

 

勉強に関しても同じことが言えます。

高校1年生や高校2年生は1日1時間も勉強できていない人がほとんどでしょう。

あなたが模試の結果を見てこのままでは志望校に受からない!もっと勉強しないと!と思ったとします。

 

そういうときにやってもらいたいのが1日15時間勉強です。

テスト期間などで1日中勉強時間が確保できるときにやってもらいたいのですが

1日ひたすら勉強しまくって時間にすると15時間ほど勉強するのです。

正直これは勉強に慣れていないとマジできついと思います。

ただ、何日かやっているとだんだん慣れてきてやがてなんともなくなります。

勉強することに何の抵抗もなくなり気が付いたらべんきょうしていうという最強の状態を作ることができます。

 

そもそも好きなものを禁止するとか勉強とか筋トレとかは

それ自体が好きな人はほとんどいません。できればやりたくないんです。

最初はめっちゃハードルあるんです。

だからこそ最初に負荷をかけないといけないんです。

無理しないといけないんです。

自分にストイックになりましょう。

 

筋トレって筋肉の細胞を壊すことです。細胞を壊すことで回復した時にさらに大きな負荷に耐えられるように筋肉は大きくなります。

ベンチプレスだって負荷をかけるからだんだん重いものを持ち上げられるようになるんです。

辛いのは最初だけで徐々にハードルが下がっていくと考えれば楽でしょう。

 

とにかく負荷をかける!これが結果を出すためには大切です!

がんばってください!